大分県の佐賀関漁港で漁獲されるブランド魚といえば、
何と言っても、関アジ、関サバだけが有名だと思いですけど・・・

 

関ブリも美味しいんですよ!

 

豊かな海、
豊後水道で育つから美味しくなります。

 

 

関ブリ

 

 

傷が付いたり、
鮮度が落ちやすい網漁ではなく・・・

 

一本釣りで釣り上げ、
活き締めされた関ブリです。

 

ブリの捌き方については、
下記の動画を見てみてください。

 

 

 

 

色々な料理に使えますよ!

 

 

ブリのウロコは包丁の刃で梳き引きする

 

 

今回の記事では、
ブリの皮を美味しく食べるために、
梳き引きで丁寧にウロコを取りました。

 

その際、
牛刀や万能包丁のような両刃の包丁よりも、
片刃の刺身包丁のほうが簡単に梳き引きできます。

 

 

ウロコが細かい魚のウロコは梳き引きで取る

 

 

鱗取り器や金タワシでウロコを取るより、
包丁の刃で梳き引きした方が皮の表面も滑らかになります。

 

最終的に、
どうなるのかというと・・・

 

 

ウロコを梳き引きしたブリ

 

 

このように、
純白でツルツルの美肌になりました!

 

それでは、
捌いていきましょう・・・

 

ブリの詳しい捌き方については、
下記の記事を見てください。

 

 

関ブリの刺身(佐賀関は関アジ、関サバだけじゃない)

 

 

ブリと言えば、
刺身ですよね!?

 

 

ウロコを梳き引きしたブリの柵

 

 

魚が大きいと、
かなりの量の柵が取れます。

 

それに・・・

 

丸々一匹を捌かないと、
手に入らない貴重な部位も手に入る!?

 

 

ブリの背の身の皮引き

 

 

背の柵から皮を引いた状態です。

 

今回の記事でメインになるのは、
身ではなく、捨てられてしまいがちな皮なのです!

 

そのため、
ウロコを梳き引きで取った方が、
綺麗で美味しく頂けると思います。

 

 

ブリの腹身の皮引き

 

 

腹身の皮も同様に、
梳き引きしたものです。

 

 

梳き引きしたブリの皮

 

 

背と腹の皮が取れました。

 

このままでは、
美味しく食べられないので・・・

 

塩と日本酒をふりかけ、
5秒ほど熱湯でサッと湯引きしてください。

 

 

ブリの皮をサッと湯引いて冷水で〆る

 

 

湯引いている写真を撮っている暇がない!

 

皮に火が通り過ぎてしまうため、
湯引いた後に、氷水で冷やした状態になってしまいましたが・・・

 

氷水で冷やした後は、
流水で揉み洗いしてから水気を良く拭き取ってください。

 

そうすると、
皮がプルップルのコラーゲンの塊になります!

 

 

スポンサーリンク


ブリの内蔵料理「肝、胃袋、心臓」臭みのないブリモツの下処理方法とは!?

 

 

ブリのアラ

 

 

ブリを丸々一匹捌くと、
アラもかなりの量になります。

 

アラ煮や、
ぶり大根にも使える部位だから無駄になりません。

 

身が美味しいだけでなく、
骨からも美味しい旨味がでるんです!

 

 

塩で揉み洗いしたブリの内蔵の肝、胃袋、心臓

 

 

そして、
ブリの内蔵の胃袋に肝と心臓なども捨ててはいけません!

 

何故かというと・・・

 

丁寧に下処理さえすれば、
美味しく食べられる貴重な珍味になります。

 

なかなか、
料理屋でも食べられる物ではありません!

 

肝と心臓の下処理は、
肝は血が出やすいように切り、
流水で揉み洗いして、臭みの素になる血を出しきってください。

 

胃袋の下処理については、
切り開いて包丁で両面のヌメリをしごき落として洗い流し、
2度ほど湯をかえながら茹でていき、流水で揉み洗いして水気を良く拭き取ってください。

 

(胃袋を切り開かない場合は、表を掃除して内側と外側を裏返しにして、裏も掃除してから茹でると丸いままの状態にできます)

 

 

ブリの内蔵を茹でる

 

 

一回目になる最初の茹ででは、
見た目が微妙なままですよね!?

 

湯を切って流水で洗い流してから、
再度、茹でていくのを繰り返すと・・・

 

 

下処理して茹でて流水で揉み洗いしたブリの内蔵

 

 

このように、
グロテクスな内臓も綺麗な状態になりました。

 

血の塊やヌメリなどを全て取り除きましょう!

 

 

ブリの下処理した皮と内蔵を茹でて洗う

 

 

下処理を終えて、
臭みが取れた皮、肝、胃袋、心臓です。

 

 

ブリの茹でた心臓

 

 

ブリの心臓・・・

 

茹でたブリの肝

 

 

ブリの肝・・・

 

 

ブリの茹でた胃袋

 

 

ブリの胃袋・・・

 

それでは、
ブリモツを食べやすい大きさに切っていきましょう。

 

 

ブリの内蔵を下処理して切る

 

 

こうなると、
美味しそうに見えてきませんか!?

 

切るとわかるのですが、
部位によって感触が違うのが解ります。

 

皮はコラーゲンでプルプル、
肝のレバーは濃厚でシットリ、
心臓のハツは締まってギュッ、
胃袋のガツはコリコリといった感じです。

 

鉢に盛り付けていきましょう!

 

 

ブリモツポン酢でブリの内蔵を美味しく無駄なく食べきる!

 

 

ブリのモツポン酢の盛り付け

 

 

刺身のツマが余っていたので、
下に敷いてから大葉、皮、胃袋、肝、心臓を盛り付け、
薬味の刻みネギ、紅葉おろし、カボスを添え・・・

 

自家製のカボスで造ったポン酢を注いで盛り付けてみました。

 

ブリの内蔵料理だからブリモツ
ポン酢でたべるからブリモツポン酢!

 

 

ブリの内蔵も美味しく食べられる

 

 

シッカリと下処理すれば、
魚の内蔵も臭くなんてありませんよ!

 

 

ブリのモツポン酢の皮、肝、胃袋、心臓

 

 

下処理がモツ料理の命・・・

 

魚の命をもらうわけですから、
捨ててしまいがちな内臓も美味しく食べてあげましょう!

 

 

ブリのモツポン酢の拡大写真

 

 

心臓と肝の断面を見れば解ると思いますが、
臭みの原因になる血が一切ありませんよね!?

 

茹でる前に揉み洗いして、
血抜きをしないと・・・

 

血が熱によって固まってしまい、
取り除くのが困難になってしまいます。

 

いよいよ、
お楽しみの時間がやってきました。

 

 

ブリのモツポン酢を肴に

 

 

酒呑みには堪らない料理です!

 

日本酒の冷やでいただくことにしました。

 

 

ブリのモツポン酢を混ぜて和えた拡大写真

 

 

皮、肝、胃袋、心臓、
豪快に内臓の全ての部位を混ぜて食べるのも良し!

 

 

ブリのモツポン酢の箸持ち写真

 

 

魚の内臓の中でも、
特にお気に入りの部位が・・・

 

コリコリ食感の胃袋です!

 

というわけで、
食感が楽しいブリの珍しい珍味はいかがでしたでしょうか!?

 

呑兵衛の心をくすぐる酒の肴に最高のブリモツでした。

 

 

楽天市場・・・錆に強く切れる「銀三の刺身包丁」 の詳細はコチラ

amazon・・・錆に強く切れる「銀三の刺身包丁」 の詳細はコチラ

 

 


関連記事


スポンサーリンク