お弁当に入っている定番の塩鮭ですが・・・

 

切り身の部分よりも、
カマ部分の方が身が締まりつつ、
脂も乗ってて美味しいと思いませんか!?

 

ということで、
鮭のカマを使って塩焼きにしてみました。

 

 

鮭のカマ

 

 

スポンサーリンク


鮭とサーモンの違い!?

 

 

シロザケ、ベニザケ、キングサーモン、アトランティックサーモン、ノルウェーサーモンなどと表記がありますが・・・

 

どちらも、
分類的には鱒(マス)です。

 

川で生まれて海に遡上し、
オキアミなどを食べて身が赤くなり、
産卵のために川に戻って卵を産んだあとは死んでしまいます。

 

鮭はサーモン(海の魚)、
鱒はトラウト(川の魚)、
養殖の場合はサーモントラウト(川で生まれて海で養殖)と分けるのが一般的に分かりやすいのかなと思います。

 

それでは、
鮭のカマを焼いていきます。

 

YouTubeの動画でどうぞ!

 

 

 

 

串を打って、
日本酒と塩をふりかけて焼くだけ・・・

 

シンプルに美味しいです!

 

 

塩焼きに日本酒をスプレーすると綺麗に!?

 

 

鮭カマの塩焼きの盛り付け

 

 

鮭に塩を振る前に日本酒をスプレーすると、
塩が表面につきやすくなり無駄がなく、焼き上げると色味と香りが良くなります!

 

ということで、
長角皿に盛り付けてみました。

 

 

カマの塩焼きに口直しの大根おろしと椒ショウガ

 

 

はじかみ生姜を添えるだけで、
お店のような見た目になりますよ!

 

 

鮭のカマは脂が乗っていて美味しい部位

 

 

鮭のカマトロ部分、
脂のりよくジューシーです!

 

 

鮭カマの塩焼きと日本酒

 

 

清水焼の酒器を使い、
日本酒をぬる燗で頂きます。

 

 

鮭のカマの塩焼き

 

 

鮭の塩焼きに日本酒とくれば、
合わないわけがありません!

 

しみじみと美味しいですね~

 

 

楽天市場・・・鮭 カマ の詳細はコチラ

amazon・・・鮭 カマ の詳細はコチラ

 

 


関連記事


スポンサーリンク