刺身といえば、
何の魚が頭に思い浮かぶでしょうか・・・

 

今回は、
鯛の刺身という方には特にオススメの記事です!

 

普通の刺身とは少し違う造り方で、
鯛の旨味を二割増しぐらいに味える刺身の造り方を紹介します。

 

 

天然物の真鯛

 

 

天然物のマダイです。

 

刺身、揚げ、蒸し、煮ても美味しいですが、
やはり、刺身で頂くのが一番の好み!

 

一応、
マダイの捌き方の動画を貼っておきますが・・・

 

 

 

 

ウロコなどが散らかるから捌きたくないという方もいますよね!?

 

魚屋で購入するのなら、
ウロコと内蔵に三枚おろしまでの下処理をお願いしたほうが良いと思います。

 

 

スポンサーリンク


鯛の皮が旨い!湯霜造りで皮付きの刺身に!?

 

 

マダイを三枚おろしにして柵取りしました。

 

 

既に動画を見た方にはネタバレしてしまいましたが、
皮付きの柵に熱湯をサッと掛けて氷水で冷やすと「湯霜造り」の完成です。

 

通常で定番の皮を除いたマダイの刺身の記事はコチラ

 

身と皮の間に旨味である脂があり、
皮はコラーゲンも豊富に含まれていて食感も楽しい・・・

 

何にしろ、
マダイの皮って本当に美味しいのですよ!

 

もちろん、
皮が苦手な人もいますので、
その場合は取り除いて、皮が好きな人にあげると喜ぶでしょう。

 

 

マダイの皮目だけに湯をかける湯霜造り

 

 

皮目を上にした柵に、
サラシやキッチンペーパーなどを被せてから熱湯をサッと掛けます。

 

直ぐにキンキンに冷えた氷水の中へ・・・

 

 

湯霜造りの柵は氷水でサッと冷やす

 

 

氷水で粗熱が取れたて冷えたら(水に浸し過ぎはいけません)、
水分を入念にサラシやキッチンペーパーなどで拭き取ってください。

 

 

湯霜造りは皮に切れ目を入れると食べやすい!

 

 

マダイの湯霜造り

 

 

そのまま切っても食べられますが、
皮に切れ目を入れてから刺身の状態にした方が食べやすいと思います。

 

皮の口当たりや、
皮が口の中で残るのが苦手という方でも大丈夫かも!?

 

 

マダイの湯霜造りの盛り付け

 

 

マダイの湯霜造りの完成です。

 

 

真鯛の湯霜造り

 

 

皮が付いていないマダイの刺身・・・

 

湯霜造りを食べたら、
普通の刺身には満足できなくなるかもしれない程に美味しいです。

 

以前、
テレビを見ていると漁師の方が言っていました。

 

鯛の皮を食べないのは旨味を逃し勿体ないと!

 

魚好きの私の場合は共感しました。

 

 

マダイの湯霜造り

 

 

鯛の上品な味わいの刺身には日本酒がよく合います。

 

 

真鯛の湯霜造りと日本酒

 

 

この組み合わせ、
何度も食べて呑んでいますが飽きませんね~

 

というわけで、
次回の記事では・・・

 

皮付きの刺身「湯霜造り」よりも美味しい!?

 

マダイの焼き霜造りの記事はコチラ

 

皮目だけを焼いた「焼き霜造り」の記事にします。

 

 

楽天市場・・・マダイ 刺身 の詳細はコチラ

amazon・・・マダイ 刺身 の詳細はコチラ

 

 


関連記事


スポンサーリンク