梅雨の時期はジメジメして嫌な季節ですが、
嫌なことばかりではありません・・・

 

そんな、
梅雨の時期に旬を迎えるのがイサキです!

 

白身で脂が乗っていて、
煮ても焼いても揚げても、
和食、中華、洋食を問わず万能に使えます。

 

 

スポンサーリンク


イサキは皮だけでなくウロコも美味しい魚!?

 

 

梅雨が旬のイサキ

 

 

イサキは皮が美味しい魚の代表格ですが、
今回はオーソドックスな皮を除いた刺身を造りました。

 

ですが、
私の好みは・・・

 

皮付きの刺身にする「湯霜造り」や「焼き霜造り」の方が好みです。

 

そして、
イサキは皮だけでなくウロコも美味しいらしいので、
次回は油でカラッと揚げてみようと思っています!

 

それでは、
イサキを捌いていきましょう。

 

 

 

 

こんな具合で、
酒の肴へとなりました!

 

 

イサキの刺身の盛り付け

 

 

簡単に作ったイサキの刺身ですけど・・・

 

 

イサキは皮目に旨味の脂が一番ある!?

 

 

イサキの刺身

 

 

刺身も美味しいのですが、
塩焼きにしても最高な身質ですよ!

 

皮目の脂がわかるでしょうか!?

 

脂が乗っています・・・

 

味の濃い魚、
力のある魚と漁業関係者が言われるイサキにも納得!

 

 

イサキの刺身

 

 

ワサビを乗せて・・・

 

 

イサキの刺身

 

 

お酒は泡盛の水割り・・・

 

 

イサキの刺身と焼酎

 

 

お気に入りの酒器を眺めながら呑む・・・

 

料理も酒も楽しめる訳です!

 

ということで、
イサキを使った料理も記事にしていこうと思います。

 

 

楽天市場・・・イサキ の詳細はコチラ

amazon・・・イサキ の詳細はコチラ

 

 


関連記事


スポンサーリンク