サザエの料理と言えば、
和食の「つぼ焼き」が定番ですよね!?

 

しかし、
サザエは色々な料理に使える美味しい貝・・・

 

冷凍保存しておいた自家製のエスカルゴバター、
パセリ、バター、塩、黒胡椒を練り込んだものを使って、
サザエの洋風つぼ焼き「サザエのエスカルゴ風」を作っていきます。

 

美味しいですよ~

 

 

サザエ

 

 

サザエの下処理ですけど、
日本料理の「つぼ焼き」と同じですので詳しくは・・・

 

下記の料理屋の「つぼ焼き」の記事を見てください。

 

 

サザエの「つぼ焼き」(砂がなくて苦味のない下処理方法)

 

 

和風、洋風に関わらず、
下処理をした方が綺麗で美味しく仕上がります。

 

そして、
エスカルゴバターを使った洋風の「つぼ焼き」にしても美味しいサザエ!

 

下処理していきましょう。

 

 

サザエの茹で方

 

 

サザエをタワシで洗って、
癖とヌメリを取るために下茹でしていきます。

 

水の状態から火を点けて沸騰させ、
15分から20分ほど茹でてください。

 

 

茹でたサザエの剥き身

 

 

茹でると簡単に身が取り外せます。

 

 

サザエの蓋を取る

 

 

蓋を取り・・・

 

 

サザエの身

 

 

ビラビラとした貝ヒモにあたるハカマ部分から引きちぎります。

 

 

サザエの苦い部分はハカマ

 

 

この、
ハカマ部分は苦くて美味しくないので使いません。

 

 

サザエの砂袋とハカマ

 

 

ハカマから先には、
砂が入っている部分の砂袋があります。

 

砂のジャリッとした不快な食感の原因になる部分ですので使いません。

 

 

サザエの砂がある部分

 

 

渦巻き状の模様がある部分から先には、
砂が一切含まれていないツノという部分です。

 

もちろん、
美味しい部分なので切り落として先端だけを使います。

 

 

サザエの身を真っ二つに切る

 

 

身を半割にして、
口を取り除きます。

 

 

サザエの口

 

 

硬くて食感の邪魔になるので取り除きます。

 

 

サザエの身から口を取った後

 

 

流水で洗いながら綺麗に取り除いてください。

 

 

サザエの美味しい部位

 

 

後は、
食べやすい大きさに切って殻に詰めていきます。

 

肝から先に入れ、
身の方は後の方で入れてください。

 

 

サザエの殻に下処理した身と肝を入れる

 

 

ここまですれば、
つぼ焼きなど、様々な料理に使える状態になります。

 

 

スポンサーリンク


本場のエスカルゴより美味しいサザエ!

 

 

サザエと自家製のエスカルゴバター

 

 

冷凍保存していた自家製のエスカルゴバターを乗せます。

 

エスカルゴバターは色々と使えるので便利ですよ!

 

しかし、
サザエはエスカルゴよりも美味しいと私は思います。

 

どうも、
カタツムリには抵抗が・・・

 

 

サザエのエスカルゴ風を焼く前

 

 

パン粉をかけたら、
オリーブオイルを回しかけて、
200度のオーブンで10分~15分ほど焼いていくのですけど・・・

 

 

エスカルゴバターとパン粉が美味しいソースになる!?

 

 

サクサクのパン粉

 

 

パン粉に一手間を加えるだけで・・・

 

パン粉は先にフライパンで軽く炒めて、
薄い焼き色をつけておいてください!

 

香ばしくなりますし、
見た目も美味しそうに仕上がります。

 

 

サザエのエスカルゴ風の盛り付け

 

 

熱々の焼き立てを盛り付けました。

 

 

サザエのエスカルゴ風を二種類のレモンで

 

 

香草とバターにサザエを焼いた香りがたまりません!

 

 

サクサクのパン粉が美味しいサザエのエスカルゴ風

 

 

パン粉もキツネ色で、
サクサクに仕上がっているのがわかるでしょうか!?

 

 

サザエのエスカルゴ風とレモン

 

 

それから、
エスカルゴバターと相性の良いレモンを忘れないでください。

 

通常の黄色いレモンと、
若くて熟れていないフレッシュなグリーンレモンも添えてみました。

 

 

サザエのエスカルゴ風

 

 

レモンを一絞りして殻から身をほじくり出す!

 

サザエの弾力と磯の香り、
パセリとバターの濃厚な味わいに、
パン粉のサクサクとした食感がアクセントになっています。

 

 

サザエのエスカルゴバターの残り汁

 

 

最終的には、
パン粉が一体化して美味しいソースになるのです。

 

サザエの旨味とエスカルゴバターの濃厚な味わい・・・

 

これを、
残すのは勿体ない!

 

次回は、
美味しいソースを無駄なく使用したものを作っていきます。

 

 

楽天市場・・・エスカルゴバター の詳細はコチラ

amazon・・・エスカルゴバター の詳細はコチラ

 

 


関連記事


スポンサーリンク