貝好きなら、
サザエが好きだという方も多いはず!?

 

大人の味と言いますか、
肝のほのかな苦味が癖になる味わいのサザエですけど・・・

 

小さいものから、
大きいものまで、
日本国内にいるサザエの種類は54種類もいるそうなので驚き!

 

しかし、
サザエは美味しい貝という事に違いはありません。

 

 

姫サザエ

 

 

そして、
今回は、小さなサザエ・・・

 

 

小さなサザエ

 

 

可愛らしいサイズの、
姫さざえ(ヒメサザエ)になります。

 

ヒメサザエという種類はありませんが、
小さいサイズの総称を意味するそうです。

 

一体、
どれぐらいの大きさなのか・・・

 

 

スポンサーリンク


小さくて可愛らしいサイズのヒメサザエ!?

 

 

小さな姫さざえ

 

 

手乗りサザエ!?

 

4、5個くらい手の中に入る大きさが、
ヒメサザエと言われる大きさのサイズになります。

 

カワイイ姫さざえですね~

 

それでは、
ヒメサザエを煮て・・・

 

煮貝、
含め煮、
旨煮(甘味をもたせたもの)を作っていきます。

 

ちなみに、
今回は甘さ控えめに仕上げました。

 

 

ヒメサザエ

 

 

先ずは、
タワシで軽く洗い流してから、
水の状態から火をつけて下茹でします。

 

 

ヒメサザエの下茹で

 

 

沸騰してから15分ほど下茹ですると茹で汁が褐色に濁ってきます。

 

この茹でた汁は、
旨味も出ていますが、
雑味も一緒に含んでいますので捨てて、
流水で再度洗い流してヌメリや汚れを掃除してください。

 

そして、
ヒメサザエを煮ていく出汁はというと・・・

 

 

鰹昆布出汁

 

 

鰹昆布出汁、日本酒、味醂、醤油、砂糖などで煮ていきます。

 

お好みでショウガなどを加えてもいいでしょう。

 

 

ヒメサザエは砂がなく丸ごと食べられるサザエ!?

 

 

ヒメサザエの含め煮

 

 

沸騰してから5分ほど火を通したら、
火を止めて余熱で粗熱が取れるまで冷まして放置し、
冷蔵庫で一日ほど寝かせて味を中まで染み込ませます。

 

 

ヒメサザエの煮付け

 

 

取っ手の無い和の鍋、
「やっとこ鍋」があると便利です。

 

やっとこ鍋を流水ではなく、
氷水で急冷したりと用途も様々で・・・

 

調理をして蓋かラップをすれば、
柄がないのでボウルなどと同じく、
そのまま冷蔵庫に入れられますので重宝しています!

 

便利な道具なので、
鍋のカテゴリー記事としても追加していく予定です。

 

 

ヒメサザエの煮貝

 

 

冷蔵庫に入れて、
冷やしながら味も含んだ状態なっています。

 

完成したので、
盛り付けていきましょう・・・

 

 

ヒメサザエの含め煮の盛り付け

 

 

輪花鉢に出汁も一緒に注いで盛り付けました。

 

爪楊枝で食べるので、
蓋は外しておいたほうが食べやすい(殻から身を外して戻しておく)です。

 

 

ヒメサザエの肝

 

 

爪楊枝でもサッと身を取り出せます!

 

 

ヒメサザエには砂がない

 

 

出汁の味も染みていますよ~

 

それから、
ヒメサザエなど小さいサイズのものは、
そのまま丸ごと食べられるようにと、一般的に砂抜きされて売られていると思います。

 

という訳で・・・

 

丸ごと食べても砂の不快なジャリッとした食感もありませんよ!

 

安心して食べてください。

 

 

ヒメサザエの含め煮と日本酒

 

 

サザエのつぼ焼きと同じように、
酒の肴にピッタリな含め煮なので・・・

 

身の甘みと、
肝の苦味を日本酒で味わう!

 

 

徳利とぐい呑

 

 

出汁の旨味も含んで、
大人の味わいになったヒメサザエ・・・

 

コレはいけますね~

 

料理屋などで、
突き出しに出てくると嬉しくなる一品が完成しますよ!

 

 

楽天市場・・・姫さざえ の詳細はコチラ

amazon・・・姫さざえ の詳細はコチラ

 

 


関連記事


スポンサーリンク