完熟かぼすを使った自家製ポン酢の作り方「まろやかな酸味で鍋物にも万能に使える」

 

我が家で、一番使う自家製調味料の「ポン酢」を作っていきます。

暑い夏は冷や奴にかけたり、寒い冬は牡蠣にかけたり、定番の鍋物にも一年を通して欠かせません。

先ずは、下記の動画を見ると分かりやすいと思うので見てみてください。

 

 

アルコールのある日本酒と味醂を材料に使っていますが、非加熱で作った場合でも、一週間ほど熟成させればアルコールも気にならないかと思います。

もし、お子さんなどがいてアルコール分が気になるようでしたら、軽く沸かせてアルコールを飛ばして作っても構いません。

非加熱、加熱処理はお好みの方法で良いです。

 

 

ただ、時期によって使う柑橘が違ってくるので、季節に手に入るもので作って味の違いを楽しんでいます。

かぼす、ゆず、だいだい、すだち、などを使って自分だけのポン酢を作るのを楽しんでみてください。

 

 

今回は、肌寒くなってくる時期に完熟して色づいてきたカボスを使って、酸味のまろやかな「完熟かぼすポン酢」を作っていきます。

ちなみに、カボスが余って使い切れない場合などは、全て絞って果汁だけを瓶詰めして冷蔵保存しておくのも良いです。

 

 

「完熟かぼすポン酢の材料」

 

  • 完熟カボス果汁・・・500ml
  • 濃口醤油・・・300ml
  • 日本酒・・・100ml
  • 味醂・・・100ml
  • 鰹節・・・10g
  • 昆布・・・5g

 

割合で言うと、完熟カボス果汁:5、濃口醤油:3、日本湯:1、味醂:1、鰹節と昆布はお好みにしてください。

鰹節と昆布の量を増やせば、旨味も強くなりますが、合わせる食材の味を消さない程度にするのが良いと思います。

 

 

我が家の冬の定番、蒸した真牡蠣に自家製完熟かぼすポン酢、紅葉おろし、刻みネギで頂きます。

牡蠣が大好物と言うこともありますが、何度食べても飽きない味わいでポン酢との相性が良いです。

 

 

これからの肌寒くなってくる時期に体の温まる鍋物、「湯豆腐」、「水炊き」、「ちり鍋」などにも欠かせません。

冷蔵庫で保存すれば、半年は問題なく保存できるので、作り置きしてみてはどうでしょうか?

もちろん、自分で作るからこそ、化学調味料を使わない無添加で作ることができるのも魅力の一つでもあるので作ってみてください。

 

amazon・・・大分有機かぼす農園大分有機かぼす農園 魔法の香りかぼす果汁 1L1本 の詳細はこちら

楽天市場・・・カボス かぼす かぼすジュース 100% かぼす果汁 1.8L 【カボス果汁】大分 おおいた 特産 柑橘 無添加 国産 の詳細はこちら

Yahoo!ショッピング・・・ユワキヤ醤油 カボス果汁100% 1000ml の詳細はこちら

 

広告