思うんです・・・

 

キンメダイは刺身より、
煮付けのほうが美味しい魚なのではないかと!?

 

適度に脂があり、
煮付けと相性が抜群の身質だと思います。

 

 

キンメダイ(金目鯛)の頭部

 

 

その名の通り、
金色の目をしたキンメダイです。

 

 

キンメダイ(金目鯛)の尾

 

 

このまま、
煮付けるには大きすぎる・・・

 

捌いていきましょう!

 

 

キンメダイの身と皮

 

 

煮付けにしようと思ったのですが、
三枚おろしにした身は炊き込みご飯にしました。

 

 

スポンサーリンク


キンメダイのアラを美味しく食べる方法の霜降りとは!?

 

 

キンメダイのアラに塩を振って霜降りする

 

 

という訳で、
魚を丸々一匹捌くと残るアラを使った煮物・・・

 

酒呑みが好きな肴、
アラ煮にしていきます。

 

大好物だという人も多いのではないでしょうか!?

 

先ずは、
アラに塩を振って1時間ほど置いておき、
熱湯にサッと浸して色が変わってきたら氷水で冷やし、
残ったウロコや血合にヌメリを落とす「霜降り」という下処理を丁寧にしてください。

 

そうすると・・・

 

 

煮汁が染みたキンメダイのアラ煮

 

 

煮汁で煮ていっても、
アクがほとんど出ません!

 

濁った煮汁ではなく、
澄んだ煮汁になります。

 

また、
落し蓋の代わりに、
リードキッチンペーパーを使うと、
アクを吸い取ってくれて一石二鳥です。

 

それでは、
盛り付けていきましょう。

 

 

キンメダイのアラ煮と炊き込みご飯

 

 

白髪ネギを天盛りにして簡単に盛り付け・・・

 

そして、
キンメダイの炊き込みご飯も用意しました!

 

 

キンメダイの炊き込みご飯

 

 

これで、
キンメダイを余すことなく使い切る事ができるという訳です。

 

 

キンメダイの煮こごり!?深海魚はコラーゲンが豊富!?

 

 

キンメダイのアラ煮の盛り付け方

 

 

ちなみに、
残った煮汁で豆腐を弱火で煮込むと絶品です!

 

 

キンメダイのアラ煮と天盛りにした薬味の白髪葱

 

 

なぜなら、
キンメダイの皮や骨から出る出汁は・・・

 

コラーゲンが豊富なので、
冷えると煮凝りができるのですから!

 

最近では、
深海魚の人気も高まってきて、
昔は商品にならなかった魚が高級魚なんてこともあります。

 

 

キンメダイのアラ煮の拡大写真

 

 

身よりも旨味が濃い、
骨周りのアラを使わない手はありません。

 

やっぱり、
煮物って染み染みと良いものですよね・・・

 

特に、
寒い時期には堪らない肴になる事でしょう。

 

もちろん、
熱燗でどうぞ~

 

 

楽天市場・・・キンメダイ の詳細はコチラ

amazon・・・キンメダイ の詳細はコチラ

 

 


関連記事


スポンサーリンク