大分の郷土料理といえば、
刺身を「りゅうきゅうのタレ」で漬けにした「りゅうきゅう」は欠かせません!

 

魚種を問わず美味しく食べられるのですが、
代表的な魚としてアジ、サバ、ブリが多く使われ定番・・・

 

という訳で、
アジ(鯵)の「りゅうきゅう」を作ってみました。

 

 

真鯵(マアジ)

 

 

釣りたてで鮮度抜群のアジです。

 

何に料理しても味が良いからアジというのも納得!?

 

 

釣りたてのマアジ

 

 

鮮度の良いものは目が活き活きして、
見るからに美味しそうでしょ!?

 

アジの捌き方については、
アジの「なめろう」の動画を見てください。

 

 

 

 

アジの「なめろう」 の記事へ

 

「なめろう」も好きですけど、
「りゅうきゅう」も甲乙つけがたく美味しいですよ!

 

 

マアジの刺身

 

 

小骨を取り除き、
刺身の状態にしたら・・・

 

このまま、
刺身として食べても美味しいのですが少し我慢しましょう!

 

 

スポンサーリンク


「りゅうきゅうのタレ」の作り方と漬け時間は!?

 

 

アジのリュウキュウ

 

 

「りゅうきゅうのタレ」で漬けて完成です。

 

リュウキュウのタレの作り方は、
濃口醤油1、日本酒1、味醂1を沸かして冷ませばベースの完成です。

 

(私の場合は、先程のベースにたまり醤油と昆布を加えて寝かして濾したものを使用)

 

各家庭で味付けもかなり違い、
ニンニク、ショウガ、ワサビなどを入れたりしますが・・・

 

私の作り方は、
リュウキュウのタレと胡麻だけで十分だと思っています。

 

 

マアジのりゅうきゅう

 

 

漬け時間については、
好みの問題ですけど5分程度~半日ほどになるので・・・

 

漬け込む段階で、
ネギなどの薬味を混ぜてしまうと、
クタクタになり見栄えが悪くなるので、
仕上がりに天盛りにして盛り付けた方が良いと思います。

 

 

「りゅうきゅう」にカボスは絶対に必要!

 

 

アジのりゅうきゅうにカボス

 

 

本格的に!?

 

本場の味にするには!?

 

大分の郷土料理「りゅうきゅう」には、
絶対にカボスが欠かせません!

 

このカボスも薬味と同様に、
仕上げに一絞りして加えます・・・

 

先に加えてしまうと、
タレが濁り、身も白くなって見栄えが悪くなりますので!

 

 

リュウキュウにはカボスを一絞り

 

 

ちなみに、
写真の漬け時間は5分ほどの状態です。

 

半日ほど漬け込むと・・・

 

 

サバのリュウキュウを半日漬け込む

 

 

このように、
飴色に染まりタレの味も染み込みます。

 

(ネギは食べる直前に入れています)

 

漬け込んだ「りゅうきゅう」は、
「りゅうきゅう茶漬け」や「りゅうきゅう丼」(あつめし)に最適です。

 

 

大分名物の「りゅうきゅう」に大分の日本酒「西の関」

 

 

大分のりゅうきゅうにカボスとくれば・・・

 

大分むぎ焼酎も良いですけど、
萱島酒造の日本酒「西の関」で一献!

 

何度と食べても飽きませんね~

 

ありがとうございました!

 

 

楽天市場・・・大分名物 「りゅうきゅうのタレ」 の詳細はコチラ

amazon・・・大分名物 「りゅうきゅうのタレ」 の詳細はコチラ

 

 


関連記事


スポンサーリンク