飲んだ後の〆になる料理・・・

 

オススメは「りゅうきゅう茶漬け」!

 

サラサラッと入っていき、
体も温まるので最適な〆の料理ではないでしょうか!?

 

 

 

 

背の身と腹身で食感や味の違いも楽しめますよね!

 

 

ブリの腹身は脂が乗っていて美味しい

 

 

ブリの柵を使って、
大分の郷土料理である「りゅうきゅう」を作りました・・・

 

ブリの「りゅうきゅう」の記事へ

 

簡単に言うと、
漬けの一種です。

 

 

スポンサーリンク


「りゅうきゅう茶漬け」と「あつめし」は大分の郷土料理から!?

 

 

大分県民の定番のブリのりゅうきゅう

 

 

このまま食べても美味しいのですが、
ブリの腹身の部分は脂が乗っているので「りゅうきゅう茶漬け」にも最適です。

 

 

 

 

「りゅうきゅう」は、
最初から最後まで万能な料理です。

 

刺身の残りでも、
「りゅうきゅう」にすれば無駄なく美味しく使えますので!

 

 

りゅうきゅう茶漬けの盛り付け

 

 

熱々の御飯の上に「りゅうきゅう」を乗せ、
三つ葉、刻みネギ、胡麻を散らし、熱々の出汁を注いでワサビと刻み海苔を乗せて完成です。

 

 

大分の郷土料理「あつめし」とは!?

 

 

ちなみに、
出汁を注がなくて、ブリの「りゅうきゅう」をご飯の上に乗せた丼は、
「あつめし」という大分県佐伯市(蒲江)の郷土料理で漁師料理になります。

 

 

りゅうきゅう茶漬け

 

 

刺身と同じく、
ワサビがアクセントになって美味しい!

 

熱々の出汁を注ぐと「しゃぶしゃぶ」したような、
フワッとして解けるような身の食感になります。

 

 

ブリのりゅうきゅう茶漬け

 

 

熱々をササッと食べてください・・・

 

魚が好きな人なら、
〆には欠かせない逸品となる事でしょう!

 

 

楽天市場・・・りゅうきゅう の詳細はコチラ

amazon・・・りゅうきゅう の詳細はコチラ

 

 


関連記事


スポンサーリンク