たまに食べたくなるなる・・・

 

ケンタッキーフライドチキンなんですけど、
サイドメニューを頼む場合は何を頼みますか!?

 

ちなみに、
私は普通のオリジナルにコールスローとポテトと定番の組み合わせです。

 

コールスローは野菜の食物繊維やビタミンも採れますし、
酸味がありサッパリとして口直しにも最適!

 

という訳で、
手造りのコールスローを作ってみました。

 

 

水っぽくないコールスロー

 

 

コールスローを作るのに難しい事は有りませんが・・・

 

 

スポンサーリンク


ケンタッキー風の水っぽくないコールスローを作るには水切りが大事!?

 

 

ケンタッキーフライドチキン風のコールスローにするのなら・・・

 

キャベツとニンジンを細かく微塵切りにして塩水に30分ほど浸して水分をよく絞り取り、
コーンを加えてマヨネーズ、酢、塩、砂糖、胡椒を加えて完成です。

 

野菜の水分を搾り取らないと水っぽいコールスローになっていまい、
食感や日持ちも悪くなるのでしっかりと水気を絞ってください。

 

 

トウモロコシの綺麗な実の取り方

 

 

私の場合は、
自家菜園で収穫したトウモロコシを塩茹でにした実を入れてみました。

 

缶詰のスイートコーンより弾ける食感になります。

 

 

失敗しないコールスローの作り方!?

 

 

コールスローの味見

 

 

酢の代わりにワインビネガーを使ったり、
フレッシュなレモン果汁を入れてみたり、

 

粒マスタードを加えて大人向けにしたり、
砂糖の代わりに練乳を入れて子供が好きな味にしてみたり・・・

 

自分好みのコールスローにしてください。

 

ポイントは味見をしながら、
少しづつ調味料を足していく事です。

 

そうすれば、
濃すぎたり薄すぎたりと味付けに失敗することも無いと思います。

 

 

手造りのコールスロー

 

 

キャベツの半分とニンジンを二本にトウモロコシを一本を使って作りました。

 

 

ケンタッキーより美味しい自家製のコールスロー

 

 

ニンジンが多めでしたが、
お好みで調整してみてください。

 

付け合せに最適なコールスローですけど・・・

 

 

コールスローをサンドイッチにすると美味しい!?

 

 

冷蔵庫にライ麦パンが余っていたので、
最近、流行っているサンドイッチにしてみました!

 

 

コールスローのライ麦パンサンドとカッティングボード

 

 

オリーブのカッティングボードに盛り付ければ、
カフェのような盛り付けになります。

 

まな板と同様に食材を切ることもできますし、
そのまま食卓に出しても映えるのが、オリーブの木から造られたカッティングボードです。

 

ちなみに、
写真のものはフランス製のベラール(BERARD)のカッティングボードを使いました。

 

 

コールスローのサンドイッチ

 

 

オリーブの木目が綺麗ですし、
色々と使えて便利ですよ!

 

カッティングボードの上でチーズを切っただけの状態でも、
インスタグラムなどで出てきそうな画になります。

 

 

サッパリと美味しいコールスローサンド

 

 

ライ麦パンにコールスローとチーズを挟んだだけのサンドイッチ・・・

 

もちろん、
ハムやツナなどを挟んだサンドイッチは美味しいでしょうし、
ホットドッグにコールスローを入れてアメリカンなスロードッグにも!

 

コールスローも付け合せだけでなく、
色々と使えるので作ってみませんか!?

 

 

楽天市場・・・カッティングボード オリーブ ベラール (BERARD) の詳細はコチラ

amazon・・・カッティングボード オリーブ ベラール (BERARD) の詳細はコチラ

 

 


関連記事


スポンサーリンク