シャプトンから販売されているセラミック砥石の「刃の黒幕」・・・

 

硬いセラミック砥石なので、
一般的な砥石より擦り減りにくいのですけど、
使用していると、どうしても真ん中だけが凹んできてしまいます。

 

両刃(諸刃)の洋包丁であれば、
平面精度をそこまで気にしなくても大丈夫ですが、

 

片刃の和包丁の場合は、
大事な裏押しが歪んでしまうので致命的です。

 

そんな、
「刃の黒幕」を平面に面直しするために造られたのが、
ダイヤモンド砥石修正器の「空母」になります。

 

 

シャプトンの砥石修正器「空母」の説明書

 

 

分厚いゴムカバーに覆われているものが、
シャプトン最高級の砥石修正器になる「空母」です。

 

取扱説明書を読むとわかりますが・・・

 

注意点として、
荒砥の使用は避けてください!

 

使用できるのは、
中砥と仕上げ砥のみです。

 

荒砥も含め砥石を全て一つで面直ししたいという方は、
同じくシャプトンから販売されている「なおる」の方がオススメ!

 

 

シャプトンの砥石修正器(面直し砥石)「なおる」

 

 

言葉だけでは解りにくいので、
下記の動画にまとめてみました。

 

 

 

 

使用している砥石は「刃の黒幕」で、
ブルーの1500番、エンジの5000番、クリームの12000番を面直ししています。

 

おまけとして、
12000番で研いだ家庭用万能包丁と、
愛用している刺身包丁で試し切りもしてみました。

 

 

刃の黒幕クリーム#12000番で仕上げた家庭用包丁

 

 

最初は、
錆びていた包丁も綺麗になりました。

 

 

刃の黒幕クリーム#12000番で仕上げた万能包丁

 

 

刃先の方も、
仕上げ砥石で研いでいくと・・・

 

 

刃の黒幕クリーム#12000番で仕上げた刃先

 

 

かなり、
鏡面へと近づいてきました!

 

切れますよ~

 

 

スポンサーリンク


シャプトン「空母」の使い方と注意点!?

 

 

シャプトンの砥石修正器「空母」研ぎ方の説明書

 

 

「空母」の機能として、
砥石の修正、刃物の修正、研ぎ台として使えます。

 

(後でパーツごとに詳しく説明していきます)

 

 

シャプトンの砥石修正器「空母」使い方の説明書

 

 

使い方については・・・

 

全面を使って、
万遍なく擦っていくのがコツのようです。

 

また、
荒さの異なる砥石を連続して使う場合には、
砥糞(研いだ粒子)を洗い流してから使ってください。

 

それでは、
「空母」の本体を見てみましょう。

 

 

シャプトンの砥石修正器「空母」ゴムカバー

 

 

8ミリほどの分厚いゴムカバーに覆われています。

 

 

シャプトンの砥石修正器「空母」を土台として使う

 

 

ゴムカバーは、
研ぎ台として使えるような形状になっています。

 

 

日本の包丁が切れるのは砥石も凄いから!?

 

 

シャプトンの砥石修正器「空母」ダイヤモンド融着

 

 

MADE IN JAPANというのが誇らしい!

 

世界でも、
日本の庖丁が凄いというのは知られていますが・・・

 

その、
日本の庖丁を研ぐ砥石も凄いからよく切れるのです。

 

海外では、
日本の砥石(天然砥石も含め)も人気があるようですよ~

 

脇役的な砥石ですけど、
更に砥石を手入れする砥石修正器も必須で外せません。

 

 

シャプトンの砥石修正器「空母」を砥石台にする

 

 

研ぎ台としての使用例です。

 

「刃の黒幕」の最高級となる仕上げ砥石、
ムラサキの30000番を使用しています。

 

「空母」自体の重さが3キロあるので、
非常に安定して研ぐ事ができますよ!

 

 

シャプトンの砥石修正器「空母」の仕組み

 

 

「空母」の構造は、
上下のゴムカバーと、
ダイヤモンドを電着した砥石修正器からなっています。

 

 

シャプトンの砥石修正器「空母」の表面の使い方

 

 

銅の鋳物を手作業で平面にしてから造っているそうです。

 

とことん、
平面精度にこだわる!

 

他メーカーで、
数多くあるダイヤモンド砥石ですけど「空母」が一番だと思います。

 

 

シャプトンの砥石修正器「空母」の表面の拡大写真

 

 

それもそのはず・・・

 

機械の大量生産ではなく、
職人による手造りで造っているのですから!

 

ちなみに、
ダイヤモンド粒子がなくなって研げなくなってきたら、
追加料金が必要ですが再電着も可能で長く使えます。

 

 

シャプトンの砥石修正器「空母」の裏面の使い方

 

 

裏面は、
刃物の修正用となっています。

 

 

シャプトンの砥石修正器「空母」の裏面の拡大写真

 

 

表面の砥石修正側と同じく、
ダイヤモンド粒子を電着したものです。

 

 

シャプトンの砥石修正器「空母」の裏面

 

 

私の使用用途としては、
両面とも砥石修正面が良いのですが・・・

 

砥石に使えないことも無いかと!?

 

最後になりますが、
滑らかで綺麗に面直しした砥石で研ぐと、
精度の高い刃付けができるので切れるようになります。

 

包丁を研いでみてはどうでしょうか!?

 

切れる包丁は疲れにくく、
ストレスもなくスパスパっと気持ち良いものですよ~

 

 

楽天市場・・・シャプトン 砥石修正器 「空母」 の詳細はコチラ

amazon・・・シャプトン 砥石修正器 「空母」 の詳細はコチラ

 

 


関連記事


スポンサーリンク